簡単な文書電子化とデータ復旧~新しいソリューション~

printing

文書の電子化

電子化された文書の今後

文書や文章の類を電子化するという取り組みは、インターネットが広まった初期の時代から存在しました。公文書や通達などを公示する際に使われたり、役所で使う書類の書式をアップロードして役所に行く前にダウンロードする、などと言った公共的な使われ方の他に、趣味で創作をしている人などは、自分で作った作品をインターネットで公開するというのは広く行われていました。 長い間このような使われ方をしていた電子化された文章ですが、これに変化をもたらしたのが電子書籍の登場です。 これにより、「既存の紙の本や書籍を電子化する」という取り組みに注目が集まり、それにより既存の書籍のみならず、初めから電子化された状態でうるという事も珍しくなくなってきました。

電子化にはメリットがたくさんある一方で、デメリットも多いため今後どのように動いていくかというのが分かりにくいジャンルとされています。 そもそも文書というのは、単純に物事を伝える為の元というだけでなく、歴史や記録としての一面も持っています。 物事の伝達という面ではインターネットを利用したやり取りが出来る文書の電子化というのは大変便利なのですが、後者の記録という観念から見ると別の不具合が出てきます。 データを記録するという事は何らかのデジタルメディアに保管しなければならないんですが、デジタルメディアというのは総じて寿命が短い上に、年々新機種や新規格が生まれる為「保存されたメディアが有っても読み出すための機器がない」という事が起こりかねません。 そこで、現在は電子化だけではなく、電子化した後にどのように保管するかなど総合的な工夫が求めらており、今後も改良が続くと思われます。